4月13日 喫茶店の日 

゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・
「スポンサーリンク」



・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

      bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・

 

4月13日は 「喫茶店の日」です。

1888年のこの日
東京・上野に

日本初の喫茶店「可否茶館」が
開業した事が由来です。

開業したのは
鄭永慶(ていえいけい)という人で

「上流階級のための鹿鳴館は
上辺だけの欧化主義。

庶民や学生、青年のための
社交サロンを開き

良質な知識を得る場にしたい。」との
思いから開業しました。

1階はビリヤード場やシャワー室があり
2階が喫茶室で

国内外の新聞や書籍が置かれた洋館で
コーヒーは 1銭5厘で提供していましたが
5年で閉店しました。

当時、東京銀座・ 木村屋総本店の
あんぱんが1銭
うどん・そばが2銭でした。

ところで
喫茶店とカフェの違いって知ってますか ?

イメージ的には
喫茶店は
個人経営で店主の個性が反映された店

 

カフェは
インスタ映えする可愛いデザートや
お洒落なランチの店といった感じですが

 

喫茶店は「喫茶店営業許可」で
アルコールの提供や
単純な加熱以外の調理はできません。

 

カフェは
飲食店営業許可」で
アルコールや調理した料理が提供できます。

 

もちろん、カフェがつく店名で
「喫茶店営業許可」で営業することもできます。

なぜ「カフェ」はお酒が出せるのか。
それには、こんな歴史があります。

可否茶館が閉店した数年後
東京・銀座に開店したのが
「カフェー・プランタン」。

パリのカフェをモデルに
劇作家の小山内薫が名付けました。

 

ここは、美術家や文学者の社交の場で
女性の店員(女給)がいて

コーヒーのほかに
洋食やお酒も提供されていました。

 

関東大震災後の
1924年にできたカフェーは
女性の接待があり

女給がウエイトレスから
ホステスの役割になっていきました。

第二次世界大戦後
いわゆる赤線地帯ができ

かつての遊郭が、カフェーの名目で
営業をしていたため

それと区別するため
女性が接待してお酒を出す
かつてのカフェーは
バーやクラブと称するようになりました。

 

また、純粋にコーヒーなど
アルコール以外の飲み物を
提供する店という事から
「純喫茶」という言葉ができました。

それが、カフェはお酒OK
喫茶店はお酒NGということに繋がっています。

・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・
゜★,。・:「スポンサーリンク」・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・



・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・

ブログランキングに参加しています。下記の画像をポチットして頂けたら嬉しいです。

備忘録・雑記 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です