1月26日 コラーゲンの日

゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・
「スポンサーリンク」



・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

      bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・

1月26日は

「コラーゲンの日」です。

 

1960年のこの日
日本皮革(現・ニッピ)の
研究員・西原富雄が

コラーゲンの可溶化に成功し
特許を出願しました。

西原博士は
水に溶けないとされていたコラーゲンを
水に溶かす方法を発見しました。

これによりコラーゲンが
医療品や化粧品・食品などに
取り入られるようになりました。

コラーゲンというと
どんなイメージですか ?

食べるとお肌がプルプル・ピチピチに
という感じですかねェ(笑)

しかし
「コラーゲンは食べても意味がない」
「コラーゲンなんて分解されれば
ただのタンパク質。」という話も
耳にしますよね。

本当に効果がないんでしょうか ?

今までに沢山の研究や
論文が発表されてきましたが

どれも根拠に乏しく
決定打になるものが
無かったそうなのですが

2009年
京都大学との合同研究の
ひとつの論文が発表されました。

その内容を解りやすく説明すると

コラーゲンを食べると
血中にコラーゲンの切れ端が
長時間漂っている状態となり

それが
コラーゲンを作り出す
繊維芽細胞を増やす
手伝いをするようなのです。

つまり
繊維芽細胞が増える事で
コラーゲンの生成に
役立つという訳です。

 

コラーゲンの美容効果

①肌のハリがアップし
たるみやしわが改善される可能性がある。

②肌の水分量がアップし
適度な皮脂が分泌され
皮脂膜を作り出し
肌全体の潤いがアップします。

③髪の成長に役立ち
髪にコシが出ます。

④爪が割れにくくなり
2枚爪などの
爪のトラブル防止になります。

 

コラーゲンをたくさん含む食べ物

 

鶏の手羽先

 

牛すじ

 

鰻の蒲焼き

 

フカヒレ

 

ゼラチンはコラーゲンよりも
分子が小さく、体への吸収が良いです。

ゼリー
 

 

グミ

 

マシュマロ

マシュマロは
ゼラチン、卵白、砂糖などからできています。

1日当たり10個程度食べれば
1日に必要なコラーゲンを摂取できるといわれています。
カロリーは10個食べても30~50kcal程度なので
ダイエット中でも比較的安心して食べられます。

 

効果が期待できる摂取量

肌への効果が期待できる摂取量は
1日5~10gとされています。

ビタミンCを同時に摂ると
コラーゲンの生成を
サポートします。

コラーゲンペプチドの
肌への効果が持続するのは
1日程度と言われていますので

毎日継続して摂る事が大切です。

 

・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・
゜★,。・:「スポンサーリンク」・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・




・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・
ブログランキングに参加しています。下記のいをポチットして頂けたら嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です