1月9日 風邪の日

゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・
「スポンサーリンク」



・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

      bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

 

・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・

1月9日は 「風邪の日」です。

 

1795年のこの日
横綱の谷風梶之助が

流感、今で言うところの
流行性感冒=インフルエンザで
亡くなった事が由来です。

横綱・谷風は
亡くなる10年程前に
流感が流行っている際

「土俵上でわしを倒す事はできない。
倒れるのは 風邪にかかった時くらいだ。」と
語っていて

この時に流行した流感は
「タニカゼ」と 呼ばれました。

この事から、この日が
「風邪の日」と 呼ばれるように
なったそうです。

風邪を予防するには
流行期には人ごみを避け

 

マスクを着用し
うがい・手洗いに気を配り
感染ルートを遮断するしかありません。

  

 

もし風邪を引いてしまったら
早めの手当で
身体が自分の力で治るのを助けましょう。

それには 安静・保温・栄養が
養生三原則です。

普通の風邪は
「鼻かぜ」「喉かぜ」のことで

発熱はあっても、微熱程度で
頭痛や倦怠感などの症状も軽いのが特徴です。

インフルエンザの場合は
症状が激烈で

38~39度の熱が出て
悪寒や頭痛・倦怠感・
筋肉痛 関節痛などの
全身症状が強く表れます。

細菌の二次感染によって
肺炎を併発し

重症化するケースもあるので
早めに医師の診察を受けましょう。

 

゜★,。・:「スポンサーリンク」・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・




・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・
ブログランキングに参加しています。下記のいをポチットして頂けたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です