健康診断 心電図 取説その3

・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・

「スポンサーリンク」



・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・

ここでは心電図について
書こうと思います。

 

心電図は心臓の機能や心臓病の有無を
調べる検査です。

 

電極を胸に6カ所、両手首
両足首に取り付け


心筋が収縮する際の電気刺激を
取り付けた電極が捉え

 

時間的な変化を波形で表して記録しています。
不整脈を察知する事で、心臓の異常を発見する事ができます。

不整脈は、脈拍の異常ですが
頻脈(速い脈)
除脈(遅い脈)
期外収縮(脈が抜けたり、飛ぶ )の
3種類に大別されています。

 

成人の安静時心拍数は毎分50~70回ですが
100回を超えると頻脈、除脈は60回未満です。

 

期外収縮は、異常な刺激によって
心臓が本来のタイミングを外れ
早く収縮する時に現れる不整脈の事です。

 

心電図の結果からは
狭心症・心筋梗塞・心肥大・心筋症
心不全・心房細胞などの疾患が発見できます。


不整脈が発生するおもな原因は
冠動脈疾患・心臓弁障害・心不全・
先天性心疾患などのほか
甲状腺異常や肺疾患などもあります。

さらに加齢や体質的なもの
ストレスや睡眠不足・疲労などでも
不整脈は起こります。

 

いずれの場合でも
心電図で不整脈が発見された場合には

 

さらなる検査を受けて
その原因を突き止める事が必須です。

・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・

「スポンサーリンク」



・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・
 

ブログランキングに参加しています。下記の画像をポチットして頂けたら嬉しいです。


ダブルワークランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です