権利収入 【卑弥呼が加入した保険の話 その②】

・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・

「スポンサーリンク」



・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・

ここでは、『交通事故相互共済』 を説明します。
これは大手保険会社にはない保険です。

 

この保険の凄い所は、事故の加害者・被害者の
どちらになっても支払われることです。

 

ふつうの自動車保険は
自分が加害者になった時に

 

被害者への対応はしてくれますが
加害者である自分には、何の保障もありません。

 

例えば、死亡事故を起こしてしまったと仮定します。
被害者家族へのお見舞いや葬儀費用などは
ふつうの自動車保険ではカバーしません。

 

仕事を首になったり、場合によっては交通刑務所に行くことになったり。
そうなったら、残された家族の生活費は貯金だのみです。
しかし、この保険は加害者側もカバーしてくれます。

 

死亡共済金は500万円です。
死亡事故の場合、事故後、速報すれば

 

翌営業日までに250万円が支払われますから、
御見舞金・葬儀費用として使えます。

 

その後、さらに250万円が支払われますから
ご自身や家族の当面の生活費としてサポートする事ができます。

 

もちろん、ふつうの自動車保険と同様に
交通事故による入院させた、骨折させた、後遺症にさせた場合のサポートもあるし

 

自身が入院した、骨折した、後遺症になった場合のサポートもあります。
自動車などの同乗中・歩行中の交通事故(対自転車は除く)も補償対象です。

ナンバープレートが付いている乗り物が対象です。

 

これで月々1000円の掛け金です。

 

契約年齢が16歳未満は月々700円です。
ただし、16歳未満のみの加入はできません。

 

※先日まで、このブログには、それぞれの保険の名称と
それを取り扱う会社名を載せていました。が、

10/1に卑弥呼が保険について学ぶためセミナーに参加し
確認したところ、不特定多数が見る事のできる媒体には

商品名・会社名を載せると誤解が生じやすいので
興味のある方が、直接、卑弥呼に連絡していただいた時

保険に対する説明と共に知らせた方が良いとアドバイスされたので
10/1 21:00以降は、保険名とその会社名は削除いたしました。

上記の保険に興味がある方は、卑弥呼にご連絡ください。

 

・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・

「スポンサーリンク」



・゜★,。・:*:・゜☆:*:・゜★,。・:*:・゜☆★。*:・゜★,。・:*:・゜☆:*:・

ブログランキングに参加しています。下記の画像をポチットして頂けたら嬉しいです。

ダブルワーク ブログランキングへ